スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安室奈美恵【NAKED/Fight Together/Tempest】歌詞

  • 2011/07/01(金) 01:06:19

安室奈美恵【NAKED/Fight Together/Tempest】歌詞

artistimage_20111021073702.jpg

NAKED

どこ探してもテレビを見ても
答えはどこにも見つからなさそう
誰かの都合で振り回される
ぐるぐる回る
それ見て笑っている
ボスキャラは誰?
  あちこちにだけ
敵も味方も分からない
紙一重さ

この問題から
逃げられないから
迎えるしかないの
Let’s fight for your right…

★NAKED NAKED
Take it out
そのマスクもう取らない?
夜空赤く夜空染める
君はButterfly

  Face it 迷宮入りじゃないから
このまま
あの手この手 使うしかないでしょ
仮想現実から今すぐ wake up
make it up, make it up, make it up, make it your mind now

どんな訳だか いつもと違う
本当はあまり 興味ないのに
熱いキャラじゃないのになぜか
体が動く
今すぐやれること

あれば教えて
だって見てるだけなんて嫌だから
アクション起こすしかない
空元気なら
目で分かるから
その気があるなら
just follow your heart…

NAKED NAKED
スイッチをつけて
その本能
言葉だけじゃ感じない
心からCRY

永久的に夢は追いたい
Gotta get, gotta get
掴むしかないでしょ
言い訳だらけの自分はchange up
ake it up, make it up, make it up, make up your mind now

★REPEAT


Fight Together

夜が明ける前に旅立とう
まだ見ぬ明日を迎えにいこう
そう決めたこと悔いはない
(Oh I know what I'm supposed to do)
どんな試練が待ち受けていようと
高鳴る鼓動 止められはしない
目指す場所はただひとつ

(Fly to the light)
戦いの果てに得た絆
誰にも傷つけさせはしない
握りしめた手 開けば
そこに力が宿る

さあ始めよう
新しい世界が呼んでいる
ほら見てごらん
いくつの海 隔てていたとしても
いつだって支えている
恐れずに前へ
忘れないで
We fight together

風を受け鳥がはばたく
あの虹をくぐった先には
希望という花が咲く
(The flowers will never die)
まっすぐに伸びていくその想い
心にしまい込んだままじゃ
窮屈すぎはしないかい?

(Fly to the light)
偽りで何が守れる
膝をつくことは恥ではない
立ち上がるさ 何度でも
きっとまた会えるから

さあ始めよう
新しい世界が呼んでいる
ほら見てごらん
いくつの海 隔てていたとしても
いつだって支えている
恐れずに前へ
忘れないで
We fight together

穢したことはない
あの日 見上げた
どこまでも高く広い空
ずいぶんと遠くまで来た
それぞれの誓いを胸に
迷いなどない
背負うものがある

陽が昇り
悲しみさえ等しく照らす
信じてるんだ
いつかひとつに繋がる未来を
一緒に見つけにいこう
君の代わりはいない
忘れないで
We fight together

Life goes on
Life goes on
Life goes on
Life goes on

Life goes on
Life goes on

忘れないで
We fight together


Tempest

海を眺める少女がいた
消えそうな灯にしたたるしずく
空へ還そうと
小さな手 差し出す

何をこころに決めたのか
誰よりも私が知っている
泣いてもひとりなら
強くなろうと

時は巡り
再来の風に吹かれて
その願いは遠く
誰かの明日を照らすだろう
そんなに傷ついて
上手には笑えなくて
今は少しだけ
目を閉じて
嵐が過ぎるまで

抱えてしまった空洞を
埋めようと選んだ言葉は
虚しく響き
過去へと 流れ着く

耳をふさぎ生きているなら
それは色のない
世界と同じだから
私はあなたを許したい

時は巡り
再来の風に吹かれて
その思いは遠く
誰かの涙 ぬぐうだろう
いのちの恵みが
広漠な大地にあふれ
絶え間ない悲しみなど
どこにも
ありはしない

雷雨に舞う花びら
居場所を探して
叫んでいるんだ
声が枯れるほどに
ぬかるみに足をとられ
最後のひとりになったとしても
でもどうして信じてしまう

時は巡り
再来の風に吹かれて
その願いは遠く
誰かの明日を照らすだろう
泣いていた
笑っていた
すべてを慈しんで
降りそそぐ光の中
この道を歩いていこう

嵐が
去っていく

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。