スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安室奈美恵の伝説と苦労Pt.2

  • 2011/11/21(月) 00:06:04



amuronamie920_20111120233650.jpg

安室奈美恵の伝説と苦労Pt.2



遅れながらもサイトマップ作りました★

約2年ぶりとなる伝説と苦労。(Pt.1はこちら)
前回はファンなら誰もが涙する衝撃的なインタビューを紹介するものでした。

今回はオリジナルでもありますが、過去安室ちゃんのインタビュー記事で発覚したものを、
時系列で紹介していきます。

11月6日のnamie amuro LIve STYLE 2011横浜アリーナ公演での
(安室奈美恵「急性上気道炎」の為、横浜公演で途中中断)
急性上気道炎での公演中断を踏まえて、ご覧ください。

安室ちゃんといえばダンス。そしてライブという方はファンならずともイメージする事だと思います。
本当にアスリート並みというか、鉄人並みのパフォーマンスは、
一度ライブを見れば虜になる事は間違いないくらいの迫力と、元気をもらえます。

そんな完璧なステージを淡々とこなす安室ちゃんですが、その裏ではものすごく
つらい体調も乗り越えてきた安室ちゃんだからできるものでもあります。

私が知ってる限りでも、
2007年に行われたnamie amuro PLAY tour 2007で、
2008年初頭にPLAY MORE!!という追加公演ツアーが行われたのですが、
その数公演、安室ちゃんはインフルエンザの状態で、完璧にステージをこなしているのです。
当時の観客の感想でも、途中ぶっ倒れそうだったとか、
声は出てたけど、かなり鼻声で風邪ひいちゃったのか?等の声もあったりして、
後にインフルエンザだったと知ったファンは本当に、
身を削ってがんばっていた安室ちゃんに感謝したものです。

続いて2008年から2009年に行われた、namie amuro BEST FICYION tour 2008-2009
2009年の東京公演の際、安室ちゃんは肺炎でした。
それでも、そんな素振り全く見せず、何も知らない観客は圧倒されっぱなしのステージだったのですが、

さすがに、何度も足を運んでるファンは、安室ちゃんの異変?にすぐ気づいたようで、
当時のコメントなどでも、ここ数日おかしかったけど、今日は本当に途中意識なくなったような
ところもあったり、踊れなかったりしたと言われてました。
これについては安室ちゃん本人も、
心がポッキリ折れてしまった。あんなステージを見せてしまった自分が悔しくて涙が止らなかった。
とコメントしており、唯一の支えは家に帰って息子の世話や、家事など家でやらなければいけない事が
あったので、それまでとは変わりない母親としての仕事が待っていたから立ち直れたとコメントしております。

そして昨年のnamie amuro PAST<FUTURE tour 2010
10月の公演で、急性声帯炎を起こしてしまい、歌手活動初の公演中止となってしまいました。
安室ちゃん自身はギリギリまで決行と強行していたようですが、
ドクターストップが入り、スタッフともかなり揉めたとコメントしておりました。
これまで、インフルエンザ、肺炎でもステージをこなして来たわけですから、
中止という判断は安室ちゃんの中にはなかったのだと思います。
これについてはニュースでも報道されたのもあり、かなりの賛否両論の声を浴びました。
台湾圏では女王病などと叩かれたりもしました。
ファンとしても悔しかったですね。これまでの苦労を知ってますから。

そして今年の途中中断。
本当は開演前から中止の声は上がっていたのかもしれません。
それでも安室ちゃんは強行したのでしょう。
もし、途中中断になってしまってでも、少しでもステージを見せたくて。
そんな安室ちゃんに対する嬉しいニュースも出ておりますので、
次回紹介したいと思います。

安室奈美恵「急性上気道炎」の為、横浜公演で途中中断
安室奈美恵ニューシングル収録曲決定!!
安室奈美恵KOSEエスプリーク新ポスター発見!!

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。